DiveIdxへ

2012年セブ(マクタン島)ダイビングツアー 1月19日〜22日 

                       

宮古島のダイビングショップ 南風(パイカジ)のショップツアーでセブ島へ行ってきました。
「行き先 セブ 成田空港 12時集合 14時25分発」 予備知識はそれだけ。

セブ島は 細長く伸びた大きな島で周辺に小さな島がたくさんあり 私達が行ったのは
 「マクタン島」でした。
着いてから知りました。(笑)

気温29℃ 蒸し蒸しはしていなかったので とても 快適に過ごせました。
澄み切った青い空と青い海 かなりの観光地で 驚きました。
総勢11人の ショップツアー 今回は ダイビングも もちろん楽しかったが みんなとわいわい 
飲んだり食べたりが もっともっと楽しかった。

1番 驚いた事は 物価が安い 食べ物がうまい!

到着日 夕食を食べに行ったお店 「マリバゴグリル」
すごくすごくおいしかった。今すぐにでも 又 食べに行きたいくらいです。
アウトサイドのテラス式になっており まずは サンミゲルで 乾杯!
               
 
グリルド・スペアリブ、   グリルド・チキン、 グリルド・ポーク 
炭火でこんがり焼かれて香ばしい。
たれをつけて焼いてあるようだが たれの味が素晴らしくおいしかった。
スープは2種類頼みました。
牛肉のスープは 太い骨付きの塊がトロトロになるまで煮てありそのエキスを吸った野菜がうまかった。
酸味の効いたシニガンスープは 体に優しい味でした。
               
  
野菜炒め イカリングフライ 焼きソバ チャーハン 他にも いろいろ食べて 
一人当たり 5〜6本ビールを飲んで デザートを食べて 一人 500ペソ(日本円だと 888円)でした。
大勢だといろいろな物を食べる事が出来るから楽しい。
そして 信じられない安さでした。
                  

食べて飲んでリゾートに帰ってホテルの庭で 空を見上げたら
空一面に輝く無数の星 星は大きく キラキラの輝き方もすごい。 
青白いシリウスが大きく輝き オリオン座の大星雲まで肉眼ではっきり見え天の川が蛇行していました。
アッ流れ星! こんなに大きな光のすじを見たのは初めて
星を見ながら 又 飲んで1日目が終わりました。

20日 真っ青な空 空の青色もクリアーでとってもきれい。

いよいよダイビング開始
ダイビングショップ <エメラルドグリーン>
私達担当のやよいさん フィリピン在住15〜6年 現地の方と結婚しており 優しい笑顔の可愛い方でした。
仕事をしている時は 現地の男性スタッフにてきぱきと指示を出してカッコよかった。

ダイビングボートは フィリピン特有のバンカーボート
竹を曲げて大きなカーブにして船体の両側のボートと固定してあり 羽を広げたようで可愛い。
     
          

ダイビングは姫様ダイビング セッティングから脱着まで スタッフがしっかり世話してくれました。
もちろんダイビング開始の時は 残圧チェックしました。(過去に失敗ありで学びました)
ダイビング終了でボートサイドに浮上するやいなや2人のスタッフがウェイトベルトをギュギュギュと
はずしフィンを引っ張りBCを引っ張り 身軽にしてもらえます。
まるで追いはぎにあっている気分です。楽チン 楽チンonigiri_2

写真133をPCに取り込んで ギョギョギョ!
画素の設定を1番低いレベルにしたままでした。(640×480)
トリミングどころではなく リサイズで拡大したい位
陸の写真はいいのですが 海の写真 マクロは全滅でした。hiyo_ang2
せっかく大好きなクダゴンベに会えたというのに!

20日 1本目 2本目は ボートで30分程遠征して ヒルトゥガン島周辺
<ヒルトゥガン島South> ドロップオフ  水温 28.6℃
魚影が濃い 日本の海にはいない魚がいっぱいで 何を見ても興奮した。
キンギョハナダイそっくりだけれど 目が飛び出た感じの黄色い魚の群れ
ハナゴイそっくりだけれど 背中に黄色い線が入ったきれいな魚の群れ
グルクンの仲間らしい魚の群れ 
ミカズキツバメウオの大きな群れが かなり速くあちこちへ移動して泳ぎまわっている。
          
ドロップオフの崖の小さなな穴を覗くと どの穴にも ニチリンダテハゼがいる。
安全停止をする浅場には小物がいっぱい。
チョウチョウコショウダイのBabyが いくつか見られて大興奮の1本目でした。

<ヒルトゥガン島 North> 水温 28.6℃
ここで Koさん1300本祝い、おめでとうございます

何と言っても ロウニンアジの群れ 半端じゃない
宮古島の ロウニンアジは巨大ですが まったりしている。
ここのは 少しこぶりだが 群れ 群れ 群れ
ロウニンアジが群れて ガンガン動き回る
楽しい〜〜〜〜! ひたすら追いかけて幸せ〜〜〜〜でした。
               
      


2本終えてからマクタン島に戻りランチ 3本目は
<マクタン島エメラルドグリーン前> 水温 28.6℃
又又 大興奮 巨大な山のようなホソヒラアジの大群がうねるように あっちへこっちへ移動する。
うわ〜 うわ〜 すごい すごい!としか言えない。
                           

下を見たらの崖沿いには 白いヤギがたくさんあり 探せば大好きなクダゴンベがいる。
上には アジの大群 下には クダゴンベ どっちを見たらいいんだ?
小さな窪みには リングアイドアーフゴビーがいて hirokoちゃんの顔が思い浮かんだ(笑)
スパインチークアネモネフィッシュもいっぱい。
マクロも豊富でこのポイント すごく楽しかった。

20日の夜はタイレストラン 
タクシー2台 3時間チャーターして大きなスーパーやこじゃれたお店が並ぶ地域まで
夕食を食べに行ってきました。夕方の混雑はひどいもので 30分ほどかかりました。
             

エビフライ(から揚げに近い) カリカリ いい味がついていてとてもおいしかった。
牛肉は 骨付きの塊でジューシーでした。他にも 野菜サラダ 、空芯菜、春巻き、グリーンカレー、スープ
チキンのスープ 香辛料が効いていておいしかった。 いや どれもおいしかったです。
                    
 


<21日>のダイビング  素晴らしい青空
<マクタン島タンブリ> 近かったです。
沈められた船の残骸の周りにたくさんの魚たちが住みついていた。
透明度はあまり良くなかった。
少し深い所で  ピンクスクワットロブスターに 張り付き。
大きなつぼ型海綿の側面に住んでいて 教えてもらえば ああ!と 自分でも探せる。
赤い目が私を にらみつけていた。(笑)
エビの仲間だが どうみてもカニの仲間に 思えてしまう。
               

<オランゴ島 タリマ>
人気ポイントなのか たくさんのダイビングボートが並んでいて停める場所を探すのが大変でした。
               

砂地に 飛行機の残骸があり アヤコショウダイが目立っていた。
          

その後は ミカヅキツバメウオの群れを探して探して 前進 前進!
「いた〜〜〜!」が 遠い。追いかけても追いかけても近寄れなかった。
まん丸な顔と黒くてまん丸なお目目がめんこい子です。 
                  
 
<マクタン島 シャングリア>
豪華リゾートのビーチ近くの浅場 
下は 真っ白な砂地なので きらきら輝く海の色が まぶしかった。
             

目当ては ヒメツバメウオの群れ 
今までに見た事ない魚 しかも 群れというので すごく楽しみでした。
会えた途端に 思わず 「わあ〜〜!」 歓声をあげてしまった。
水深は 5〜8mのあたり 一個体は 5cmかな? 体の色は白に近い
何千匹? 何万匹?の群れが 太陽の光に反射してきらきら輝いて動き回る。
クルクル ものすごいスピードで 縦横無尽に動き回っている。
その愛くるしい顔と動き。
一瞬の内に 周りが見えないくらいに この子達に囲まれ うわ〜 うわ〜と言っている内に 
去っていくが  又 すぐ 戻ってくる。
言葉では とても表現できない Beautifulな世界でした。
明る過ぎて 液晶に何が映っているのか 全く見えずでした。
               

日本の海にはいないけれど 東南アジアの海では たくさん見られる
スパインチークアネモノフィッシュ
名前の通り エラ蓋に1本の大きな棘があります。
小さくて色鮮やかできれいな方が雄です。あれ?人間と反対ですね。(笑)
               

セブ(マクタン島)ダイビングツアー よく食べ よく飲み 楽しく潜り 無事に終了しました。
ずっと笑いっぱなしの4日間でした。 

inserted by FC2 system