DIVINGIndex

2005年3月1日〜6日 2年ぶりのパラオダイビング

デイドリーム看板前 透明度抜群の海でした


寒い日が続くので 南の明るい海が恋しくなり 2週間前に計画し、今、乾季の
パラオへ行ってきました。

JALの直行便利用 ホテルはダウンタウン(街の真ん中)にあるパレイシア
ダイビングは デイドリームさんにお願いしました。
 
日本〜パラオは JAL直行便で 4時間半
時差もないので 気軽に行けるのですが 成田発が 20時なので
到着は 夜中の1時半 入国手続きを済ませて ホテルにチェックインして
朝からのダイビングの用意をして 寝るのは 3時近くに なってしまいます。
それでも 寒くない(いや暑い)だけでも 笑顔になってしまいます。

今回の発見!最終ダイブ後、どれくらいの休息で飛行機に乗っていいか?

今までは、通説として、12時間空ければ飛行機に乗れると思っていたから、
深夜便であるゆえ、朝2本潜って帰っていた。

ところが、ダイビング終了後の休息時間(飛行機の搭乗まで)は最低でも18時間
必要であるとPADIが勝手に決めてしまったのだ。
これでは、最終日は1本しか潜れないではないか、一昨年までは2本潜ったのに!
ただし、念書?を入れれば自己責任で2本でも可能ではある

PADIは任意団体であり、拘束力は無いが、生命の自己管理は十分にした方が
いいには違いない。ちなみに私たちのCカードは今はもう消滅した団体である
SEA(Sucubapro Educational Associaition)でした。

ともあれ、最終日の5日は深夜2時に飛行機に乗ることでもあるから、PADIに従い、
 朝 1本だけのダイブにし、2日〜5日まで 計10本 潜りました。

         パラオダイビングNO1へ

inserted by FC2 system