DIVING Index

9月30日〜10月3日  沖縄ケラマ諸島 座間味島ダイビング(1)

9月30日 ANAの最終便にて 那覇へ

船員会館に宿泊(ここは  座間味へ行くフェリーや高速艇が 出航する泊港から 
3分ほどの所にあり ここに泊まると 朝 とても楽です。素泊まりで 1泊3400円でした)

10月1日 9時の クイーン座間味(高速艇)にて 座間味へ

sirahama.jpg (12251 バイト)
シラハマアイランズリゾートホテル


いつも利用しているシラハマアイランズリゾートホテルへ10時15分に到着

フロントで ”ダイビングの船は 10時半 出発ですよ”
さあ 大変 荷物を整理する暇もなく 早速 1本目の ダイビングが 始まりました。

kumo.jpg (7486 バイト)


座間味は まだ夏模様でした。 気温は30度 真っ青な空には 入道雲が モクモクと湧き上がっていましたが トンボも飛んでいたりして 暑いけれど 秋は近づいているようです。
先週 超大型台風18号が 直撃したので 木々の葉は 茶褐色に枯れたり 葉がまったくなかったりでした。 海の中も攪拌されたので いつもより 少し水温が低く26度で 5ミリのロングジョンで上着の代わりに綿のTシャツを着て 潜りましたが ちょっと寒かったです。

fune.jpg (13501 バイト)
プリンセス

男岩、 牛の島灯台下 オアシス 黒島 そして 下曽根と 潜りました。

男岩、黒島は もちろん大好きなポイントですが なんといっても 下曽根です。

下曽根は 座間味No.1 ダイナミックポイントです。
座間味港から プリンセス(写真を見てね) で 30分〜40分程 南へ行った外洋のポイントです。 
めったに連れていってもらえないポイントです。
外洋なので 風が強かったり 海が 荒れていたら 絶対に 行かれないし 行っても 流れが 強かったりすると 潜れません。  船の上から イソマグロが 見えているのに今日は ダメなんて 潜れなかった事もあります。

kiyosi.jpg (8533 バイト)
清さん

 だから
”どこ?”
”下曽根”
”やったあ!” と 喜んだものの 行ってみるまで わからないぞと ちょっぴり心配でした。
ガイドは もちろん清さん ”下曽根と言ったら清さんなんですよ”
何もない広い広い海の果てに水平線が どこまでも続いていて 地球は丸いんだなあとか
この水平線の果ては 崖になっていて 落っこちてしまうなんて思いながら船を進めたであろうコロンブスの事なんか 妙に 思い出したりしてしまった。
気持ちが ゆったりとしてくる。
何もない海のど真ん中に 小さな船が とまった。ダイビングの船としては大きいのに 海の広さの中では ポツンとしか 言えない。

初めて 下曽根へ行った時は やはり少し怖かった。
たいていは島のそばに船を止めるのに 本当に  周りに何もない大海原の中に船が 止まり 水深が深いせいか海底のさんごや砂が見えないのだから。 ここで 飛び込むの?  飛び込んだら 何があるの?って。

うわあ きれい 船の上から 海の中をのぞくと ウメイロモドキの群れが見える。ウメイロは背中が黄色いので とてもよく見えます。
清さんが 船の先端に立って 海の中をのぞきこんでいる。
”潜れるかなあ?”
”OK? やったあ やったあ 下曽根だ 下曽根だ”
”はい ここは 下曽根です。 海中にある根の回りを グルっとまわります。外洋なので 大物が やってくるかも知れません”(大物とは イソマグロ ロウニンアジ カスミアジ ギンガメアジ バラクーダーなどの回遊魚の事です)

青い海の中にドボーンと 飛び込む時の快感

アンカー目指して 耳抜きをしながら潜行していくと ドロップオフ添いにコクテンカタギが ヒラヒラと蝶のようにたくさん群れていて ゆらゆらと幻想的です。
コクテンカタギは チョウチョウ魚の仲間で ケラマでは ここ下曽根で 何十匹もの群れで
見ることができる魚です。

流れはほとんどない。
根につかまってしばらく大物を待った。
上の方に グルクンの群れが すごい。 グルクンの群れを 大物が 襲いにくるのです。
”来た 来た イソマグロだ” 
さあーっと 行ってしまった。
しばらく待つと 又 イソマグロが 姿をみせて すぐ消えてしまった。
浮上するまでに もう1度イソマグロは姿をみせてくれましたが やはり流れがなかったので
大物は これだけでした。 
けれど タテジマキンチャクダイの幼魚が こんな外洋の根にいて驚いたし カラフルな南洋ハギミノカサゴをカメラにおさめて 十分満足できた下曽根でした。

bar.jpg (11557 バイト)ダイビングも楽しいけれど アフターダイブも又楽し
夜は 同じボートで潜った仲間と 3階のバーで 昼間のビデオを見たり ログをつけたりしながら 泡盛パーティです。
 1人で 行っても みんなとすぐ友達になってしまいます。
 ねっ ゆりえちゃん 礼子ちゃん 佳子ちゃん

たった3日間の座間味でしたが 日常から 切り離されてすっかり リフレッシュ出来ました。
頭の中が 真っ白になって 帰ってからが 大変なんですが。


まだまだ これと言える写真をとる事は出来ませんでしたが 次ページに 少し写真を載せてみました。

    続き(海の中です)


inserted by FC2 system